アポスティーユ 代行

近眼を科学する > > アポスティーユ 代行

アポスティーユ 代行

2012年7月16日(月曜日) テーマ:
アポスティーユ代行について考える拠り所として、三木清の次の文章を読んでみましょう。
アポスティーユ代行について直接論じているわけでもなく、著作権も切れていますが、
大いに参考となるでしょう。
これには色々な理由があろう。しかしその一つが日本の学者の多くは自分の国の言葉を愛しないというところにあるのは確かなように見える。言葉を愛することを知らない者に好い文章の書ける筈がない。悪文、拙文は我々の間では学者にとって当然なことであると思われている。あの人は学者にしては文章がうまい。などと平気で語られているのである。然るに若もし言葉と思想とが離すことのできぬ内面的関係をもっているとすれば、このような事実は、少くとも一面に於いては我が国の学者に自分自身の思想を求め、形作ろうとする衝動と熱意とが欠けているということの証左でなければならぬ。ひとは自分自身の思想を求め、形作るとき、自分自身の言葉を求め、形作る。
  歴史がこのことを証明している。近代のドイツ哲学はギリシア哲学に比肩し得べき偉大な世界史的事実である。このようなドイツ哲学の発展の発端をなしたのはライプニッツであったが、彼はその当時すさまじい勢でこの国へ侵入して来たフランス語に対し、また伝統的なラテン語に対して、母国語の価値に関するいくつかの文章を書いてドイツ人に警告し、ドイツ語をラテン語に代えて学術語として使用することを主張した。
アポスティーユ代行を考える際のご参考になりましたか?

関連記事

薄毛をケアする方式について自分なりに考えてみた

薄毛をケアする方式について自分なりに考えてみた

2018年12月10日(月曜日)

格安名刺はPRyou

格安名刺はPRyou

2013年6月24日(月曜日)

数年ぶりに足を運びました

数年ぶりに足を運びました

2013年6月17日(月曜日)

格安名刺の革命はここから始まる!

格安名刺の革命はここから始まる!

2013年6月14日(金曜日)

格安名刺

格安名刺

2013年6月 7日(金曜日)